糖尿病 原因

糖尿病の原因は、いくつかのタイプに分けられる?

糖尿病,原因

糖尿病の原因は、インスリンの分泌が阻害され、血糖値を下げられなくなってしまうことですが、ひと口に糖尿病の原因と言っても、いくつかのタイプに分けられます。

 

一般的なのが、2型糖尿病と言われるもので、インスリンの分泌量が減ってしまったり、インスリンの働きが悪いために起こります。これは、遺伝的体質の上に、長い間の生活習慣が影響している事が多く、日本国内の糖尿病患者の実に95%が、このタイプの糖尿病です。これに対して、1型糖尿病は、膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、インスリンの分泌が絶対的に足りなくなります。小児糖尿病もこの種類です。

 

妊娠糖尿病は、妊娠中に何らかの原因によって、発症してしまう糖尿病です。新生児に合併症が出てしまう事もあります。この他にも、遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などが原因で引き起こされる糖尿病もあります。

 

糖尿病の原因を考えると、決して人事とは言えない、ということがわかると思います。いつ自分の身にふりかかったとしても不思議はないのです。しかし、9割以上が2型糖尿病ということで、日頃からの糖尿病の予防法が大切だということが良くわかると思います。ある程度の年齢になったら、糖尿病の発病リスクも高まることを覚えておかなければならないと思います。